制限行為能力者

2021/7/16

制限行為能力者(せいげんこういのうりょくしゃ)

制限行為能力者には、①未成年者、②成年被後見人、③被保佐人、④被補助人、という4種類があります。契約を締結する際に十分は判断能力をもっていない人たちを類型化し、彼らが不利益を受けることがないようにすると同時に、これらの人たちと取引をする相手方にも注意を促すために設けられているのが制限行為能力者の制度です。

一覧はこちら

ご融資金額を無料査定致します!まずはお気軽にご相談ください