契約とは

2021/7/16

契約とは(けいやくとは)

契約は、民法が法律上定めている「制度」です。例えば、自動車を売りたいと思う販売業者と自動車を買いたいと考える個人がいるとします。両者が出会い、販売業者が「売りたい」と言い、個人が「買います」と言えば、そこに「約束」が成立します。これを、民法では「契約」といいます。この場合、販売業者の「この車を売ります」という申し出を法律上は「申込み」といい、個人の「その車を買いましょう」という返事を「承諾」といいます。つまり、契約とは、申込みと承諾の意思表示(法律的な効果を求める自分の気持ちを表明すること)が合致することによって成立するものであるということができます。

一覧はこちら

ご融資金額を無料査定致します!まずはお気軽にご相談ください