弁済受領者

2021/7/15

弁済受領者(べんさいじゅりょうしゃ)

弁済は、弁済を受領する権限を有する者(通常は債権者)にしなければ、原則といて無効です。ただし、債権者がその弁済によって利益を受けた場合には、その限度において有効となります(民法479条)。また、次に掲げる場合についても、弁済を受領する権限を有しない者に対する弁済が有効となります。 <受領権限がない者への弁済が有効となる場合>

一覧はこちら

ご融資金額を無料査定致します!まずはお気軽にご相談ください