成年被後見人

2021/7/16

成年被後見人(せいねんひこうけんにん)

精神上の障害により自分の行為についての判断能力が常況として全く欠けており、そのために家庭裁判所から後見開始(成年被後見人になること)の審判を受けた者を成年被後見人といいます(民法7条)。成年被後見人には、保護者として、法定代理人(成年後見人)が付くことになります(民法8条)。 成年被後見人が締結した契約は、日用品の購入など日常生活に関する行為を除き、すべて取り消すことができます(民法9条)。契約の取消しは、成年被後見人本人又は成年後見人がすることができます。

一覧はこちら

ご融資金額を無料査定致します!まずはお気軽にご相談ください