特定調停手続

2021/7/15

特定調停手続(とくていちょうていてつづき)

特定調停手続は、支払不能に陥るおそれのある債務者等の経済的再生に資するため、民事調停法の特例として定められ、債務者が負っている金銭債務に係る利害関係の調整を促進する目的で行われるものです(特定調停法1条)。特定債務者(金銭債務を負っている者であって、支払不能に陥るおそれのあるものもしくは事業の継続に支障をきたすことなく弁済期にある債務を弁済することが困難であるもの、又は債務超過に陥るおそれのある法人)は、特定債務等の調整に係る調停の申立てをするときは、特定調停手続により調停を行うことを求めることができます(特定調停法3条1項)。

一覧はこちら

ご融資金額を無料査定致します!まずはお気軽にご相談ください