相続分

2021/7/15

相続分(そうぞくぶん)

相続人が複数いる(共同相続という)場合には、相続財産は、相続人の共有となります。その場合に、各共同相続人が、相続財産上に有する持分の割合を相続分といいます。被相続人が遺言で決めていればそれにより(指定相続分)、そうでないときには法律の定めに従って決められます(法定相続分。法定相続分は、誰が共同相続人となるかにより、次のように決められています(民法900条)。 < 法定相続分 > 仮に、相続財産が3,000万円だとすると、 ア 配偶者と子が相続人の場合 配偶者→1/2:子→1/2となりますから、配偶者が1,500万円、子が1,500万円となります。 イ 配偶者と直系尊属が相続人の場合 配偶者→2/3:直系尊属→1/3となりますから、配偶者が2,000万円、直系尊属が1,000万円となります。 ウ 配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合 配偶者→3/4:兄弟姉妹→1/4となりますから、配偶者が2,250万円、兄弟姉妹が750万円となります。

一覧はこちら

ご融資金額を無料査定致します!まずはお気軽にご相談ください