相続

2021/7/15

相続(そうぞく)

人が死亡した場合、その人の財産の行方、すなわち相続が問題となります。民法は、遺言によって死後の自分の財産の行き先を決めておくことを認めていますが、遺言をしない場合もあります。そこで、民法は、遺言がない場合でも、一定の方法に従って、死者の財産を一定の近親者に承継させる制度を設けました。これを法定相続といいます。

一覧はこちら

ご融資金額を無料査定致します!まずはお気軽にご相談ください