破産手続

2021/7/15

破産手続(はさんてつづき)

破産手続は、原則として、債務者に支払不能や債務超過などの破産手続開始原因がある場合に、債権者又は債務者から破産手続開始の申立てがなされることにより開始します(破産法15条、16条、18条)。申立てがなされ、破産手続開始の原因となる事実があると認めるときは、破産手続費用の予納がないなどの事由に該当しない限り、裁判所は、破産手続開始の決定をします(破産法30条1項)。

一覧はこちら

ご融資金額を無料査定致します!まずはお気軽にご相談ください