連帯債務

2021/7/15

連帯債務(れんたいさいむ)

AとBが共同事業を始めるにあたり、Cから500万円の借金をした際に、AとBがその借金返済について連帯債務者となることをCと約束した場合、AもBもそれぞれCに対して借金全額500万円を返済する義務を負うことになります。そして、Aが500万円を返済すれば、Bの債務も消滅する、という関係になります。このAとBの債務を連帯債務といいます。

一覧はこちら

ご融資金額を無料査定致します!まずはお気軽にご相談ください